予約申込ペ−ジへ
鳥の劇場通信・チラシ郵送申込ペ−ジへ

予約申込ペ−ジへ
鳥の劇場通信・チラシ郵送申込ペ−ジへ


鳥の劇場 公式Twitter

鳥の劇場 公式facebook

鳥の劇場は、鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった小学校と幼稚園を劇場に変えて、2006年から演劇活動をしています。鳥の劇場という名前は、劇団名でもあり場の名前でもあります。劇場がただ演劇を愛好する人だけの場ではなくて、広く地域のみなさんに必要だと思ってもらえる場となることが、私たちの目標です。演劇創作を中心にすえて、国内・海外の優れた舞台作品の招聘、舞台芸術家との交流、他芸術ジャンルとの交流、教育普及活動などを行い、地域の発展に少しでも貢献したいと考えています。チケットの売上、サポ−タ−の方のご寄付、各種助成金、地元の方のご協力などにより活動が支えられています。

for Company Profile in English 07/08年秋冬プログラム 07年春のプログラム 2006年の記録 新聞・雑誌等での紹介
プレスリリ−ス 劇団/劇場資料 鳥の演劇祭(2008年開催) 実施の詳細 写真  実施報告書 2008年度活動報告書 前編 中編 後編
鳥の演劇祭2(2009年開催) 鳥の演劇祭3(2010年開催) 鳥の演劇祭4(2011年開催) 鳥の演劇祭5(2012年開催) 鳥の演劇祭6(2013年開催) 鳥の演劇祭7(2014年開催) 鳥の演劇祭8(2015年開催) 鳥の演劇祭9(2016年開催)  鳥の演劇祭10(2017年開催)

+++++++++++++++++++++++

鳥の劇場2018年度 活動テーマ

100年先を考えよう、100年前を思い出そう。よき思いが未来を作る。
鳥の劇場では、世界や地域の状況、年ごとの活動の蓄積などを踏まえ、年度ごとに活動テーマを定めています。
2018年の100年前は、第一次世界大戦が終わった年。それを機に、世界は二度と戦争をしないと誓いました。が、その後の混乱や悲惨を我々は知っています。100年前の時代、アメリカが世界の中心となりました。大衆化や都市化、大量生産、大量消費が始まったタイミングでもあります。「今」が始まったのがおよそ100年前。およそ100年前に芽吹いた色々な動きが、自らの力で暴走を始めてしまい、その制御ができなくなっているのが現在だと言うこともできるでしょう。
30年で一世代として、100年先は三世代先。三世代先に何を残すか。人口が少なく、テクノロジーが今ほどではなく、自然に支配されていた時代、人間が未来に与えられる影響力は小さいものでした。しかし、テクノロジーと資本という巨大な力による文明が大きな曲がり角を迎えている現在、我々が何を選び何を捨て、どんな未来の道を選ぶかは、これから生まれてくる世代にとって本当に重要な意味をもつでしょう。何しろ我々は、未来の世代から承認を得ないまま、彼らにさまざまな負債(国の借金、環境の破壊、放射性廃棄物などなど)を残そうとしているのです。
1918年を振り返りながら、2118年を思う。そんなダイナミックなこと、普通しませんよね。でも、そういう日常をはるかに超えた思考の場として、劇場は大きな力をもつのだと思います。 (鳥の劇場芸術監督 中島諒人)

+++++++++++++++++++++++

鳥の劇場2018年度プログラム<いっしょにやるプログラム>『イワンのばか』関連企画 戯曲講座(1) 「トルストイの寓話を読んで、ちょっと演じる」

 昨年のトルストイをテーマにした本講座では、1886年に書かれた「闇の力」を取り上げました。今年は、「民話」に分類される「人は何で生きるか」を取り上げます。「民話」なので、一読すればさっと理解できます。そのシンプルさがいいのです。が、ややもすると、なんとはなしの教訓として「なるほど、そういうことね」と、流してしまいがち。今講座では、音読したり、少し演じてみたり、参加者同士で話をすることで、意味の少し向こうの豊かさや深みにさわれたらと考えています。
※今回は会場が鳥の劇場ではありません。週末の夜に市内中心部でやることで、新しい出会いが生まれればと思っている次第です。どうぞお気軽にお越しください。

講師:中島諒人(鳥の劇場芸術監督)
日時:2018年4月20日(金)19:00〜21:00
会場:ギャラリー鳥たちのいえ(鳥取市本町1丁目201 ミュトスビル 電話/0857-51-0710)
料金:1,000円(資料代を含む)

○『戯曲講座』 今後の予定○
戯曲講座(2) … 「魯迅を読む」 8月上旬ごろ
戯曲講座(3) … 「三島由紀夫を読む」 来年1月ごろ

予約受付はこちらから

+++++++++++++++++++++++

鳥の劇場2018年度プログラム<招くプログラム>Life is Beautiful 美しい人生!

フランスとイスラエルのバンド、ウィンターファミリーのお二人とはフランスで出会い、鳥の演劇祭6に招きました。昨年、「日本でライブをやりたいんだけど、いい劇場だったし、また行きたいなあ」という連絡をもらい、来てもらうことにしました。今回は、10歳の娘さんも含めて三人の演奏です。

フランスとイスラエルのバンド、ウィンターファミリーの音楽ライブ。ウィアードウェーブ(不気味な波)、フュネラルポップ(お葬式ポップ)と称される彼らの音楽は、名前だけ聞くとちょっと暗く怖い感じですが、クールで知的ないかした音楽です。ニューヨークとテルアビブで録音した最新アルバム「South from Here」からお届けします。

出演:Winter Family ウィンター・ファミリー(ルース・ローゼンタール、クザヴィエ・クレーヌ)
ゲスト:サラレイ・クレーヌ サウンドエンジニア:アンヌ・ローラン
日時:2018年4月21日(土)17:00開演
会場:鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町 電話0857-84-3268)
チケット:2,000円

Winter Family ウィンター・ファミリー
ルース・ロゼンタール、グザヴィエ・クレーヌによるフュネラル・ポップのデュオ。二人はイスラエルで出会い、以来、音楽と生活を共にしている。アルバムは、Sub Rosa(ベルギー)、Alt-Vinyl(英国)、lci d`ailleurs(フランス)の各レーベルから発売され、大きな反響を得ている。世界中のギャラリー、クラブ、教会などでコンサートを行い、多数の振付家、映画監督、ミュージシャン、アーティストとコラボしている。
2011年以来、ドキュメンタリー演劇の公演も行っており、2013年の鳥の演劇祭6で『エルサレムと鉛のこま』を上演。現在、パリでドキュメンタリー演劇の新作『H2-Hebron』に取り組んでいる。

※ライブといっしょに地元のお酒を楽しもう!
●鹿野で生まれた地ビール「GINGER BROWN ALE」が登場!
醸造士清部直樹さんの手作りによる、鹿野町産のクラフトビールです。鷲が羽を広げたように見える鹿野町の名峰鷲峯山の伏流水を使い、地元で栽培、熟成された「日光生姜」を生かして、マイルドですっきりしたのどごしに仕上がりました。料理との相性も抜群で、飲んだ後は体があたたかくなります。老若男女問わず、シーンも問わず、一年中おいしく飲める身体にやさしいビールです。
●やっぱり日本酒!「出張 日本酒Bar」酒うらら
岡山県西粟倉村から、山陰、岡山のあっためておいしい日本酒をもって参上します。もちろん、冷での提供もあります。ビールでの乾杯の後、お酒もどうぞ!

予約受付はこちらから

+++++++++++++++++++++++

鳥の劇場2018年度プログラム<創るプログラム>イワンのばか

昨年の上演がとても好評だったので、今年もやることにしました。この作品は、「ばか」がテーマのばかばかしい作品です。変な歌があったり、ふざけた場面もたくさんあります。というか、たいていがふざけた場面です。でも、「我々の生き方、これでいいの?」と問いかける文明批評的なところもあって、子どもから大人まで、幅広に楽しんでいただける作品です。前回ご覧いただいた方も、きっとまた楽しんでいただけます。今回は、関連企画として「食」のイベントもやります。イワンの世界とリンクしながら、地域の自然の恵みの豊かさを、体感してください。

〈物語について〉
1885年にロシアの文豪トルストイによって書かれた素朴で漫画みたいなお話。働き者で無欲な農民イワン。二人の兄は、猛烈な軍人と強欲な商人。口のきけない妹がいて、二人は毎日コツコツ畑仕事をして暮らしている。そんなイワンに大悪魔が目をつけ、彼を破滅させるべく、三人の小悪魔を差し向ける。しかし、イワンの純真さにより三悪魔はなぜか撃退され、さらに奇妙なことに、イワンは王の娘をめとり国王になってしまう。怒った大悪魔はイワン国に直接乗り込んでくるのだが、イワン的価値観がしみわたった王国の住人たちは、ぬかに釘というか、ピント外れというか。いよいよ怒った大悪魔は、隣国の大統領をそそのかし、兵器と兵隊を投入してイワン王国の破壊を企てる。
台本は、宮崎で活躍する劇作家、永山智行さんが担当してくれました。
原作の魅力を引き出しながら、見事に演劇世界を作ってくれました。

原作:L.トルストイ 台本:永山智行(劇団こふく劇場) 演出:中島諒人
日時:2018年4月26日(木)〜29日(日・祝)/5月1日(火)〜6日(日)各日14:00開演
※4月26日・27日は学校招待日です。一般の方の観劇は出来ません。ご了承ください。
会場:鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町 電話0857-84-3268)
チケット 大人:2,000円/18歳以下:500円/中学生以下:無料

永山智行
1967年生れ。劇作家、演出家。宮崎県の三股町と門川町を拠点に活動する劇団こふく劇場代表。2001年『so bad year』でAAF戯曲賞受賞。2006年から約10年間、公益財団法人宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターを務め、「演劇・時空の旅シリーズ」の企画・演出などを手がけた。

上演と関連した「食」のイベントも行います。
『イワンのばか』を“食”で体感
ー鹿野あたりの食の恵みをゆるり味わう夕べー
『イワンのばか』は、人が自然の中で調和的に生きることの豊かさを語っている作品です。鳥の劇場がある鹿野町周辺は、山と海の恵みにあふれるまち。旬の食材をおいしい料理にして、さらに深く「ばか」を味わう「イワン食堂」です。一品300円〜500円程度でいろいろな料理やビールを楽しんでいただきます。できるだけご予約ください(チケットご予約時にお申込みいただけます)。

日時:4月29日(日・祝)/5月5日(土・祝) 17:00〜19:00

※生産者の方々にもお越しいただき、お話を聞きます。
■お米(白川さんちのおいしいお米)
東京でサラリーマンをやっていた白川大介さんが、2014年に鹿野町に移住して、鷲峰山のふもとでつくっているお米。冷たくきれいな水で育ったお米は、粒立ちがよく、冷めてもおいしいのです。
■クラフトビール(アカリ・ブリューイング)
今年4月、鹿野町内に醸造所がオープン。お隣の気高町の特産品であるショウガを使った「ジンジャー・ブラウン・エール」をはじめ、地元の農産品を使ったビールづくりにこだわっています。
■タケノコ(はらだ農産)
鹿野の人たちが“原田さんのタケノコ”と呼んで一目置くタケノコ。その名も「竹姫」。やわらかい赤土で育ち、香りがよく、食感も最高。あく抜きをしなくてもそのまま食べられます。
■鳥取地どりピヨ(ふるさと鹿野)
鳥取県のオリジナルブランド地鶏。恵まれた自然環境の中で育った鶏肉は、程よい歯ごたえで、かむほどにコクと旨味が味わえます。特に鹿野で育ったものは別名「鹿野地鶏」とも呼ばれ大人気。

予約受付はこちらから

+++++++++++++++++++++++

鳥の劇場のラジオ番組がスタート!ネット配信もしています

FM鳥取 RADIO BIRD(82.5Mhz)にて、鳥の劇場初のラジオ番組「トリラジ!!」がスタートしました。
放送時間は毎週土曜日の16:30から30分。1ヶ月に一度の更新です。過去の放送のネット配信もしています。
ネット配信はこちら(BIRDFM ポッドキャスト)からどうぞ

作品の制作秘話、劇団員の紹介、演劇祭の裏側など普段聞けない話題をメインパーソナリティの齊藤頼陽がご紹介!今後も毎月一回のペースで更新していきますので是非お聴きください。
また、番組へのご感想ご要望、「髷筆之進のマゲが解決!」コーナーへのご応募はradio@birdtheatre.orgまで。お待ちしております。

+++++++++++++++++++++++

2018年度プログラムへの後援・助成
後援
鳥取県 鳥取県教育委員会 鳥取市 鳥取市教育委員会 NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会 鳥取大学地域学部附属芸術文化センタ− 新日本海新聞社 株式会社ふるさと鹿野
助成
平成30年度 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会 公益財団法人ごうぎん鳥取文化振興財団

+++++++++++++++++++++++

2018年度 鳥の劇場サポ−タ−を募集します。

もらう、がんばる、世界を変える。
2017年度は214人の方から526口(263万円)のご支援を賜り、「多目的トイレの新設とその他バリアフリー対応」「劇場機材の更新・充実」に使わせていただきました。本当にありがとうございました。
2018年度は「施設の老朽部分の直しやバリアフリー化」「観劇環境の向上」「劇場機材の更新・充実」を行いたいと考えています。皆様ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。
 
【会  費】 一口:5,000円 複数口も歓迎です。
【特  典】 実績報告書の送付、活動報告会(毎年度末に予定)への参加
【期  間】 2018年4月1日から2019年3月31日まで
※会費は1月までいつでもお受けいたします。2月からは次年度の会費としてお受けします。
【お申込み】

■郵便局窓口でご入金の場合
【郵便振替口座 01300-1-58939 名義:特定非営利活動法人鳥の劇場】
※振替手数料はご負担ください。
※郵便局指定の用紙に、お名前、ご住所、お電話番号、お持ちでしたらメ−ルアドレスもご記入ください。入金確認後、会員証をご送付申し上げます。

■銀行振込、インタ−ネットバンキングでご入金の場合
下記の銀行口座へお振込みください。 お名前、電話番号を必ずご入力ください。
【ゆうちょ銀行 139(イチサンキュウ)支店 当座預金 0058939 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【みずほ銀行 鳥取支店 普通預金 1718266 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【鳥取銀行 本店営業部 普通預金 0269652 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【山陰合同銀行 鳥取営業部 普通預金 3894187 特定非営利活動法人鳥の劇場】
【鳥取信用金庫 本店営業部 普通預金 0322825 特定非営利活動法人鳥の劇場】
※振込手数料はご負担ください。
※ご住所確認のために鳥の劇場からご連絡差し上げる場合がございます。入金確認後、会員証をご送付申し上げます。

■企業メセナ協議会の助成認定制度を利用した寄付(税制優遇があります)について
この制度を利用した寄付については、別途資料をお送りしますので、鳥の劇場(高橋/中川)までご連絡ください。

【サポーターに
関するお問合せ】
鳥の劇場(担当:高橋/中川) 689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1
TEL・FAX (0857)84-3268 E-mail:info@birdtheatre.org

+++++++++++++++++++++++

“鳥の劇場”について
2006年1月、演出家・中島諒人を中心に設立。鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった幼稚園・小学校を劇場施設へ手作りリノベーション。収容数200人の“劇場”と80人の“スタジオ”をもつ。劇団の運営する劇場として、「創る」・「招く」・「いっしょにやる」・「試みる」・「考える」の5本柱で年間プログラムを構成。現代劇の創作・上演と併行して、ワークショップ、優れた作品の招聘、レクチャーなどを実施する。

主な作品は、「老貴婦人の訪問」(デュレンマット)、「かもめ」(チェーホフ)、「剣を鍛える話」(魯迅)、「誤解」(カミュ)、「熊野」・「葵上」(三島由紀夫)、「料理昇降機」(ピンター)、「白雪姫」(グリム)、「天使バビロンに来たる」(デュレンマット)など。

2008年から地域や行政との協働による演劇祭「鳥の演劇祭」を実施。国際交流も進めており、韓国、中国、ルーマニア、イギリス、イタリア、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、トルコ、アメリカなどのアーチストが活動。2010年、13年、16年には日中韓三国の演劇祭「BeSeTo演劇祭」も開催。舞台芸術家のための創作の拠点として、全国、海外に開かれた場となることを目指す。同時に、演劇・劇場にしかできないやり方での地域振興、教育分野への貢献のあり方を模索している。
国際交流基金地球市民賞受賞(2011年度)・第6回地域再生大賞ブロック賞受賞(2015年度)・第30回山陰信販地域文化賞受賞(2017年度)

主宰:中島諒人 メンバ−:齊藤頼陽・中川玲奈・赤羽三郎・村上里美・武中淳彦・高橋等・中垣直久・安田茉耶・生田正・中島佳子・畠中聡・國石百加・松本智彦・藤岡千夏・後藤詩織・奥田有紀子

鳥の劇場 劇場/スタジオ(旧鹿野小学校体育館/旧鹿野幼稚園)
689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1 TEL・FAX (0857)84-3268
車用地図 鹿野町の案内 マピオンの地図
 ※会場の最寄り駅はJR浜村駅です。JR鳥取駅より約25分です。
 ※鳥取市街地より車で約40分です。会場近くには案内看板をお出しします。

 遠方からお越しの場合
 ※飛行機:東京・鳥取間を全日空が1日4往復運行しています。鳥取空港からは車で約20分です。
 ※高速バス:東京・大阪・神戸・京都・岡山・広島・福岡の各都市と鳥取駅の間を運行しています。
 ※JR:京都・大阪からはス−パ−はくとが、岡山からはス−パ−いなばが便利です。
  まずは鳥取駅を目指してください。
 (宿泊・観光に関するお問い合わせ:鹿野ゆめ本陣/0857-84-1711 山紫苑/0857-84-2211

事務所
680-0031鳥取市本町1丁目201 ミュトスビル 2F

電子メ−ル:info@birdtheatre.org
ウェブサイト:www.birdtheatre.org

+++++++++++++++++++++++

鹿野関連のサイト
NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会
ふるさと鹿野 観光情報

+++++++++++++++++++++++
Copyright (C) 2006-2011 BIRD Theatre Company TOTTORI All Rights Reserved.無断転載を禁止します。